Wi-Fiテザリング

Android iPhone

パソコン(PC)をWi-Fiテザリングで通信する方法 わかりやすく画像で解説|iPhone Android

更新日:

今回はiPhoneやAndroidスマートフォンのWi-Fiテザリング(インターネット共有)を使ってパソコン(PC)でインターネット通信をする方法と注意点を解説します。

Wi-FiテザリングとはスマートフォンのLTE回線など使って他のデバイスを通信させる方法です。
パソコンなどで利用すると、携帯電話会社で契約しているデータ通信量(ギガ)を消費します。

外出時などに便利なWi-Fiテザリングですが、最初の設定にわからなかったり、
たまにしか使わなくてやり方を忘れている方もいると思いますのでぜひ参考にしてください。

iPhoneとAndroidスマートフォンでは呼び名が違います。

iPhone|インターネット共有

Androidスマートフォン|Wi-Fiテザリング等

どちらも同じ意味ですが、一般的には「Wi-Fiテザリング」の方が有名です。

【実証環境】
機種:iPhone7
OS:iOS11.0.3
機種:Xperia X
OS:Android:7.0
PC OS:Windows10 1607
※ほとんどの場合、機種等が違っても変わりませんが、実証環境と違う機種(Galaxy等)やOSバージョン(6.0等)の場合は画面構成や画面遷移が異なる場合があります。

iPhoneの場合

インターネット共有機能を有効にし、接続時に必要なWi-Fiのパスワードを確認します。

[設定]を開きます。
設定アイコン

[インターネット共有]をタップします。
iPhone設定画面

[インターネット共有]をタップしてONにします。
iPhone設定画面

「ネットワーク名(SSID)」と「Wi-Fiパスワード」を確認します。
[Wi-Fiのパスワード]をタップするとお好きなパスワードに変更できます。
iPhone設定画面

下の項目「パソコンで接続」に進んでください。

Androidスマートフォンの場合

Wi-Fiテザリング機能を有効にし、接続時に必要なWi-Fiのパスワードを確認します。

[設定]を開きます。
設定アイコン

[もっと見る]をタップします。
Android設定画面

[テザリング]をタップします。
Android設定画面

[Wi-Fiテザリング]をタップしてONにします。
Androidテザリング画面

つぎに[Wi-Fiテザリング]設定をタップします。
AndroidWi-Fiテザリング画面

さらに[Wi-Fiテザリング設定]をタップして開きます。
AndroidWi-Fiテザリング画面

「パスワードを表示」にチェックを入れます。
Wi-Fiテザリング画面

「ネットワーク名(SSID)」と「パスワード」を確認します。
このパスワードはお好きなパスワードに変える事もできます。
AndroidWi-Fiパスワード表示画面

パソコンで接続

今回はWindows10のパソコンを使用して解説しますが、Windows7や8.1などでもほとんど同じです。

デスクトップの右下アイコンから[ネットワークのアイコン]をクリックします。
Windows10デスクトップアイコン

確認した[ネットワーク名(SSID)]をクリックします。
Windowsネットワーク画面

次回以降Wi-Fiテザリング時に自動接続したいならば「自動的に接続」にチェックを入れます。
[接続]をクリックします。

Windows10ネットワーク画面

「ネットワークセキュリティキーの入力」に上記で確認した「Wi-Fiパスワード」を入力し[次へ]をクリックします。
※「ネットワークセキュリティキーの入力」が表示されていない場合は、[ネットワークセキュリティキーを使って接続」をクリックして画面を切り替えてください。
ネットワークセキュリティキーの入力

次の画面では
自分のみで利用する場合は「はい」
友だちなど他人も一緒に接続する場合は「いいえ」
をおすすめします。
[はい]と[いいえ]どちらか選択してクリックします。
Windows10ネットワーク画面

接続済みとなれば完了です。
Windows10ネットワーク画面

注意する点

パソコンで使い終わったら必ずiPhone、Androidスマートフォン側のテザリングをOFFにしてください。

つなぎっぱなしになっていると予期せぬデータ通信量を消費し、通信制限がかかる場合がありますので、使う時だけこまめなON、OFFが必要です。

 

-Android, iPhone

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.