マカフィーWi-Fi警告

Android トラブル

マカフィー 「Wi-Fiが攻撃されています」の対処方を画像で解説|Android

更新日:

今回はAndroidスマホで2017年8月末より「マカフィーモバイルセキュリティ」を利用している方に表示される事がある「Wi-Fiが攻撃されています」「ハッカーがトラフィックを傍受しています」と警告が出る事象について対処方法を紹介します。(2017年9月)

「Wi-Fiが接続できなくない」「Wi-Fiが突然つながらなくなった」方もマカフィーモバイルセキュリティがインストールされていないか、このアイコンがないか確認してみてください。
マカフィーモバイルセキュリティアイコン

【実証環境】
機種:Xperia X
OS:Android:7.0
アプリ:マカフィーモバイルセキュリティ 4.9.3.864
※ほとんどの場合、機種等が違っても変わりませんが、実証環境と違う機種(Galaxy等)やOSバージョン(6.0等)の場合は画面構成や画面遷移が異なる場合があります。

1.表示される画面と原因

以下のような恐ろしい色と文言で表示されます。
マカフィーモバイルセキュリティ警告

原因はマカフィー公式ページでも「現在調査中」となっており確認できません。(2017年9月1日)

2.大丈夫?

公式ページで誤作動によるもので「攻撃されている」「ハッカーがトラフィックを傍受している」ような事はないようなので安心してください。マカフィー側でアプリ修正等が今後行われると思います。アップデートが来たら必ず更新してください。

しかし現在(2017年9月1日時点)は警告画面が何度も表示されたり、「接続解除」を選択すると該当のWi-Fiにつながらなくなります。

3.表示が出た場合の対処方

警告表示が出たら、「接続を維持する」をタップする。
マカフィーモバイルセキュリティ警告画面

以上で今後もWi-Fi接続が使えます。

4.既にWi-Fiが使えない、「接続解除」をしてしまった場合

マカフィーモバイルセキュリティアプリを起動し、[Webのセキュリティ]>[Wi-Fiのセキュリティ]の順で開きます。
以下の画面で該当のWi-Fiが「常に切断」となっていると思いますので、右のチェックボックスをタップし、下の削除をタップします。
マカフィーWi-Fiセキュリティ画面

削除後、本体設定からWi-Fiを一度「OFF」にし再度「ON」にします。
再度マカフィー警告画面が表示された場合は3.のように「接続を維持する」をタップします。

5.今後の注意点

今回の事象はマカフィーモバイルセキュリティアプリの誤作動の一時的な対処方です。今後アプリ修正改善後、本当にWi-Fiに危険がある場合も同じような警告画面が表示されると思いますので、その際は安易に「接続を維持する」を選択しない方がいいと思います。

近々、今回の対策についてアプリの更新など行われると思います。Playストアから更新を確認するようにしてください。

6.ドコモ、ソフトバンク利用の方

ドコモ、ソフトバンクが提供するセキュリティアプリはマカフィーがサービス提供しています。そちらでは同様のトラブルは見られません。
マカフィーモバイルセキュリティのみ今回の事象が出ています。

マカフィーモバイルセキュリティの方が機能は充実していますが、トラブルが出ている間だけ「マカフィーモバイルセキュリティ」はアンインストール(削除)して、ドコモの「あんしんスキャン」ソフトバンクの「スマートセキュリティ」に切り替えてもいいかと思います
※アンイストール(削除)した場合、再インストール時はアプリ内設定は初期状態に戻ります。

2つ以上セキュリティアプリを動作させる事は別のトラブルの原因になりますので基本セキュリティアプリは1つにしましょう。

以上マカフィーモバイルセキュリティの「Wi-Fiが攻撃されています」の対処方は終了です。
同じ内容でお困りの方のために、役に立ったら是非SNS(Twitter等)でシェアお願いいします。
お疲れ様でした。

-Android, トラブル

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.