iCloudバックアップ

iPhone

iPhoneをバックアップ iCloud編 画像でわかりやすく解説|iPhone

更新日:

今回はiPhoneをiCloudにバックアップする方法を紹介します。(2017年9月)

機種変更などで新しいiPhoneで以前のデータなどを引き継ぐ際に必要なのがバックアップです。

このバックアップ方法はWi-Fiが必須です。
自宅にWi-Fiがない場合はPC/Macにバックアップする「iTunesバックアップ」があります。
そちらは「iPhoneをバックアップ iTunes編 画像でわかりやすく解説|iPhone」を確認してください。

Wi-FiもPC/Macもない場合はショップ(ドコモ、au、ソフトバンク)のWi-FiでiCloudバックアップするといいと思います。

【実証環境】
機種:iPhone7
OS:iOS10.3.3
※ほとんどの場合、機種等が違っても変わりませんが、実証環境と違う機種やOSバージョンの場合は画面構成や画面遷移が異なる場合があります。

 

バックアップ対象外

デバイスに保存されているほぼすべてのデータと設定情報がバックアップされますが以下の内容はバックアップされません。

・iCloudにすでに同期されているデータ(連絡先、カレンダー、メモ、iCloudフォトライブラリ)など
・ほかのクラウドサービス (Gmail、Googleフォト等) で保管されているデータ
・Apple Pay の情報と設定内容
・Touch ID の設定内容
・iCloud ミュージックライブラリおよび App Store のコンテンツ(再ダウンロード可)

ここは深く考えなくても大丈夫です。

バックアップ方法

iPhoneの「設定」を開きます。

 

設定項目の一番上「Apple ID」をタップします。
iPhone設定画面

 

Apple ID画面の「iCloud」をタップします。
AppleID画面

 

iCloud画面の「iCloudバックアップ」をタップします。
iCloud画面

 

バックアップ画面の右上「iCloudバックアップ」をOFFの場合はONにします。
既にONになっている場合は「今すぐバックアップ」をタップします。
iCloudバックアップ画面

 

バックアップ作成中になりますので終わるまで待ちます。
バックアップ作成中画面

 

バックアップ完了したら「前回のバックアップ」バックアップ作成時刻が表示されます。
iCloudバックアップ画面

 

以上でバックアップ終了です。

iCloud自動バックアップ

上記の「iCloudバックアップ」がONになっていれば、以下の条件が揃うと自動でバックアップが行われます。
端末故障時のためなどに「iCloudバックアップ」はONにしておくといいと思います。

・1日1回
・Wi-Fi接続時
・画面ロック中
・充電中

iCloud空き容量が足りなくてバックアップできない場合

バックアップを行うにはiCloud容量に空きがないと行えません。
その際の対処方法は「iPhoneでiCloud空き容量が足りない場合の対処法|iPhone」をご覧ください。

おわりに

機種変更をする場合は、なるべく直前に「iCloudバックアップ」を行ってください。

iCloudバックアップ以外の機種変更前の準備をまとめていますので「iPhone機種変更前の準備一覧 何から行えばいいかわかりやすく解説|iPhone」もぜひご覧ください。

お疲れ様でした。

同じ内容でお困りの方のために、役に立ったら是非SNS(Twitter等)でシェアお願いいします。

-iPhone

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.