iPhone

iOS11でWi-Fiが勝手にONになる!Wi-FiがOFFに出来ない? 画像でわかりやすく解説|iPhone

投稿日:

今回はiOS11にアップデートすると「Wi-Fiが勝手にONになる」「Wi-FiがOFFに出来ない」と噂になっているので検証解説します。(2017年9月)

【実証環境】
機種:iPhone7
OS:iOS11.0.2
※ほとんどの場合、機種等が違っても変わりませんが、実証環境と違う機種やOSバージョンの場合は画面構成や画面遷移が異なる場合があります。

Wi-FiをOFFにしても勝手にONになる

Wi-FiをOFFにしたのにいつの間にかまたWi-FiがONになっている現象がiOS11にアップデートしてから起こっていると噂になっています。

新しいOSが公開されると初期はバグやトラブルがある可能性が高いことから、今回のWi-Fiが勝手にONになってしまうのはバグではないかと噂が過熱したようです。

iOS11でWi-Fiに「接続解除」機能が搭載

実際はiOS11になってWi-FiのON、OFF以外に「接続解除」の機能が増えました。

この「接続解除」は時間経過や場所移動、再起動や機内モードでWi-FiがONに戻ります。

Wi-Fiを接続解除にする

コントロールセンターからWi-Fiのボタンをタップし接続解除にします。

コントロールセンター

Wi-Fiを完全にOFFにする

Wi-Fiを完全にOFFにしたい場合は「設定」>「Wi-Fi」からOFFにするとWi-Fiは完全にOFFになります。
Wi-Fi設定

Wi-Fi設定

画面比較

コントーロールセンターの画面で違いを見ていきます。

Wi-FiがONの状態
コントロールセンター

Wi-FiがOFFの状態。Wi-Fiマークに斜線が入ります。
コントロールセンター

Wi-Fiが接続解除の状態
コントロールセンター

Wi-Fiが接続解除の状態で設定画面で見てみると
Wi-Fi設定

Wi-FiのスイッチはONのままで「新しいWi-Fiネットワーク接続はコントロールセンターでオフになっています」と表示されています。

どんな時に使い分けるの?

接続解除をするシチュエーションは外出時などで接続している「Wi-Fi電波状態が悪い時」です。

Wi-FiをOFFにし、その後Wi-FiをONに戻すことを忘れてしまい、余計なデータ通信量がかかってしまった経験はありませんか?

Appleからこの機能搭載理由について公式にアナウンスがあるわけではないですが、おそらくWi-Fiの戻し忘れ防止のためだと思います。
Wi-Fi電波状態が悪い時に一時的にOFFにして、その後Wi-Fiを戻し忘れた場合にONになる非常に便利な機能です。

ONに戻る条件は
・現地時間 午前5時になる
・場所を移動する
・再起動や機内モード

Wi-Fiは通信だけではなく位置情報の精度アップにも使われており、完全にOFFにしてしまうと地図アプリなどで現在地が正しく表示されなくなる場合があります。
この「接続解除」は接続されていたWi-Fi通信を切るだけで、Wi-Fi機能はONになっているので位置情報の精度は落ちません。

逆に完全にWi-FiをOFFするシチュエーションは「電池を節約したい時」です。
その際は後でWi-FiをONに戻す事を忘れないようにしましょう。

ちなみにBluetoothも今回のWi-Fiと同じように動作します。

おわりに

今回はWi-FiをOFFにしたのに勝手にONに戻る現象について解説しました。

今後もiOS11の新機能でわかりにくい事があれば記事にしていきたいと思います。

お疲れ様でした。

役に立ったら是非SNS(Twitter等)でシェアお願いいします。

-iPhone

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.