iPhone

iOS11でデータ通信量(ギガ)を節約する方法 わかりやすく画像で解説|iPhone

投稿日:

iPhone8、iPhoneXも発売されiOS11で利用している方も多いと思いますが、月末になるとデータ通信量を気になりますよね。
通信制限がかかって追加容量を購入したりしてる方も多いと思います。

今回はiOS11で少しでもデータ通信量(ギガ)の節約をするかんたんな方法を紹介します。

【実証環境】
機種:iPhone7
OS:iOS11.0.3
※ほとんどの場合、機種等が違っても変わりませんが、実証環境と違う機種やOSバージョンの場合は画面構成や画面遷移が異なる場合があります。

Appのバックグラウンド更新

設定に「Appのバックグラウンド更新」というのがあります。
以前のiOSからある設定項目なのですが、iOS11から設定が少し変わりました。

Appのバックグラウンド更新とは

まずバックグラウンドとは以下の写真のように表示すると後ろにずらっと並んでいるのがバックグラウンドにあるアプリです。
iPhoneバックグラウンド

このバックグラウンドのアプリ動作を設定できるのが「Appのバックグラウンド更新」です。

・オンになっていると、バックグラウンドアプリに新しいコンテンツやアップデートがないか自動的に確認し更新します。
・オフになっていると、一定時間動作した後に一時停止状態になります。(一部のアプリは一時停止状態にならないものもあります)

安易にオフにしない

この「Appのバックグラウンド更新」はオフにしてバッテリーやデータ通信量の節約をしましょうと書いてある記事がよくありますが、それぞれ使っているアプリは様々ですので安易にオフにすることはおすすめできません。

アプリよっては正しく動作しなくなったり、期待する動作が実行できなくなったりする可能性があります。

オフにして正しく動作できなくなったアプリは個別にオン設定もできます。

しかしAndroidスマートフォンの設定にある「バックグラウンド制限」とは違い、基本的には新しいコンテンツやアップデートの更新なので完全に動作制限するものではないようです。

iOS11では設定項目が増えた

以前のiOSでは[オン]か[オフ]しか設定がなかったのですが、iOS11になって設定項目が

・オフ
・Wi-Fi
・Wi-Fiとモバイルデータ通信

となりました。

自宅にWi-Fi環境がある方はこの「Appのバックグラウンド更新」を[Wi-Fi]に設定してみるのがいいと思います。

Wi-Fi接続時にしかバックグラウンドアプリの更新を行わないのでデータ通信量の節約になります。

設定方法

[設定]を開きます。
設定アイコン

[一般]を押します。
iPhone設定画面

[Appのバックグラウンド更新]を押します。
iPhone設定画面

[Appのバックグラウンド更新]を押します。
Appのバックグラウンド更新

[Wi-Fi]を押します。
Appのバックグラウンド更新

以上で設定は完了です。

もし動作不安定になったり、アプリトラブルが発生した場合は[Wi-Fiとモバイルデータ通信]に戻してください。

使用しているアプリによっては少しかもしれませんが、特に必要ないデータ通信量を抑えれる可能性が高いです。

ぜひ試してみてください。

お疲れ様でした。

-iPhone

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.